支援学校でお話をさせていただきました

「昨日は、大阪府内の支援学校で「障害基礎年金の請求ポイント」とうテーマでお話させていただきました。主に知的障害の方が通学されている支援学校で、今回は、高等部の先生方が対象です。

障害年金の請求は、20歳になってから行いますから、実際に請求するときは、生徒たちは卒業していて先生方の手から離れているときです。請求できることを知らずに受給できないことや、障害年金の複雑さを知らずに安易に作成した書類を提出してしまって受給できないことをなくしていくためにも、在学中から「20歳になったら障害年金を請求しましょう」「障害年金の請求には、こんな準備が必要です」と、生徒自身や保護者の方々に伝えておくことは非常に大切です。また、障害年金を受給できていない卒業生から相談を受けられることもあるそうです。助言をされるにあたっても、障害年金の基本は知っておきたいとのご要望でした。卒業後の生徒たちのことも気にかけられ、このような勉強会をもたれる先生方の熱意と暖かいお気持ちに心を動かされます。

精神の障害年金については、昨年秋にガイドラインが発せられ動きがあります。基本的な知識から最近の動向、就労との関係などについて1時間ほどお話させていただきました。

 

次回は、高等部3年生の保護者の方々を対象としてお話させていただくことになっています。

学校や親同士など、情報を共有していくことは、障害年金の受給に向けてよいことだと思います。またお役に立つお話ができるよう頑張りたいと思います。

 

お問合せはこちら

面談のご予約・ご相談は

06-7162-6680

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

インフォメーション

安心の障害年金申請
      ドットコム大阪

大阪府守口市京阪本通2-14-7 クレールOTY201

06-7162-6680